PR

江崎グリコのシステム障害とデロイトの役割

IT
スポンサーリンク

皆さん、本日もお疲れ様です。

SIerで働くがんちゃんです!

江崎グリコ株式会社のSAP基幹システムで発生した大規模な障害が世間で注目を浴びています。この記事では、ニュースやX(旧Twwiter)などの情報源をもとに、江崎グリコのシステム障害について探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

江崎グリコのシステム障害の概要

2024年4月3日、江崎グリコの基幹システム切り替えを行った際にシステム障害が発生しました。この障害により、出荷や受発注業務に影響が発生、18日に一部の出荷を再開しましたが、受発注や出荷データに不整合が生じて19日に再度出荷を停止しています。

影響を受けた商品には「プッチンプリン」「カフェオーレー」など17ブランドが含まれています。さらに、業務提携していたキリンビバレッジの「トロピカーナ」や「無添加野菜」も出荷停止となっています。

江崎グリコは5月中旬に出荷再開を目指していますが、市場では出荷停止による売上への影響や特別対応によるコスト増加が懸念されています。(2024年4月25日時点)

また、直近の江崎グリコの発表では出荷再開の目処が5月中旬には立たず、6月中の再開を目指すものと変更を発表しており、今年1年間の売り上げについても当初の予想から150億円減少して3360億円、最終的利益は40億円減って110億円になる見通しと修正しています。(2024年5月14日時点)

現在、グリコから出荷再開に関する情報は更新されておりませんが、6月に入ったため多少の進展があるかもしれません。(2024年6月3日時点)

スポンサーリンク

主幹ベンダーとデロイト

江崎グリコの広報によれば複数のベンダーがプロジェクトに携わっていましたが、個社名は公表されていませんでした。しかし、ダイヤモンド編集部の取材により、主幹ベンダーがデロイト トーマツ コンサルティングであることが判明しています。※DIAMOND ONLINE https://diamond.jp/articles/-/342762

デロイトほど大きなコンサルファームでもこのような事態が発生してしまうのですね。。。

デロイトは会計系に強いコンサルティング会社として知られており、事業戦略からシステム開発、アウトソーシングまで幅広いサービスを提供しています。日本4大コンサルファームであるBIG4コンサルとしても高い人気を誇ります。

※BIG4コンサルの特徴や強みについては『BIG4コンサルとは?特徴と各社の違いを解説』にてまとめています。

プロジェクトの背景

江崎グリコの基幹システム刷新プロジェクトは元々2019年12月から2022年12月に完了予定でした。しかし、大規模なシステム障害が発生した2024年4月時点で、プロジェクトは1年以上の大幅遅延を抱えていました。

基幹システムの切り替え先としてはSAPのS/4 HANAを予定していたようで、物流・販売・会計データを一元管理して経営情報をスピーディーに把握することを目指していたのではないかと考えられます。

江崎グリコ株式会社の有価証券報告書でも記載されていますが、投資規模も最終的には215億円から340億円と大幅に膨らんでおり、当初の予定から大きく逸脱していることが伺えます。

スポンサーリンク

今後の展望

IT業界に従事する者としても江崎グリコの商品ファンとしてもシステムの早急な復旧を願っています。システム障害の原因特定と改修に向けて、人海戦術での対応や外部企業の協力が必要かもしれません。

また、今後本件の賠償責任の話も取り上げられることになると思います。

ベンダー側もリスクを懸念して準委任契約と請負契約をフェーズごとで切り分けて締結していると考えられますが、業績に影響するほどの大規模な障害が発生してしまうと主幹ベンダーやその他ベンダーにも問われる責任は非常に大きいかもしれません。

江崎グリコのシステム障害から考えること

システム障害の原因は明らかにされていませんが、IT業界で従事する営業マンとしては常にリスクへの対応が必要だなと感じました。

金額を問わずベンダーとして仕様凍結を確実に行うこと顧客をグリップすることなど、営業側でもトラブル回避のためにできることがたくさんあると考えます。

こちらの記事は仕様凍結について、I T営業マンが気にすることなどを記載しています。ぜひこの機会に参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました