PR

おすすめのWebデータベース7選〜マーケットリーダーを徹底比較する〜

IT
スポンサーリンク

多くの企業では業務効率化を狙い、Webデータベースを検討されているのではないでしょうか。

実際に4割ほどの企業では既にWebデータベースを導入しており、3割ほどの企業が導入を検討しているといった調査結果も出ています。

私自身もWebデータベースを提案していた実績があるため、その経験をもとに市場に数多く存在するWebデータベースを厳選してどのような特長やコンセプトを持っているのか徹底的に比較していきたいと思います!

スポンサーリンク

Webデータベースとは

まずWebデータベースについて定義したいと思います。

IT系比較サイトITreviewでは下記と定義しています。

Webデータベースとは「従来のデータベースの操作から管理までをWebブラウザを用いて行えるようにするサービス」である。

今回は特定の用途に特化したSFAは比較対象から外し、汎用性が高いデータベースシステムを中心に比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

Webデータベースの導入が進む理由

Webデータベースの導入が進む背景は「IT人材不足」「レガシーシステムのメンテナンス問題」「DX」の3つです。

1つ目の「IT人材不足」は企業のIT化に対してそのスピード感に合うだけの人材が足りてない状況が考えられます。Webデータベースの開発性の高さ・柔軟さから採用する企業が増えています。

2つ目は「レガシーシステムのメンテナンス問題」です。

社内にはスクラッチで組まれた基幹システムやExcel、Access、Lotus Notesといった業務系のアプリケーションが存在しています。これらのツールの中には開発者の退職や属人化といった理由からメンテナンスができなくなり、その移行先としてWebデータベースが選ばれてることがあるのです。

3つ目は「DX」です。システムを使って事業をドライブすることが重要です。その際に、素早く開発ができるWebデータベースとの相性が抜群なのです。

現在、情報システム部門を取り巻く環境はDX化を進める上でまさに過渡期ではないでしょうか!?

情報システム部門は経営者の持つビジョンをシステム化することが求められ、現場部門の御用聞きに徹すれば良いという状況ではありません。時間やお金という観点からも現場でできることは現場にやってもらいたいというのが実態です。

つまり、日本企業の中では「IT人材不足」「レガシーシステムの移行」という課題があり、情報システム部門から脱した「システム化」という考えが推進されています。

この考えに基づき、現場部門で開発ができたり、情報システム部門で短工数での開発ができたりするWebデータベースの導入が進んでいるのです。

アナログな業務をWebデータベース化するメリットを下記の記事でまとめています。

スポンサーリンク

おすすめのWebデータベースを徹底比較

次の内容についてはさまざまなITレビューサイトや試用版、マニュアル、そして実際に私が利用して得た経験をもとにした比較情報となります!

あくまでも参考情報として確認してください。

kintone(おすすめ度3.5)

kintoneはサイボウズ株式会社にて開発・販売されているWebデータベースです。導入企業数も27,500社(2023/03/01)にまで登るほど拡大しています。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン2011年11月〜
サービス体系クラウドサービス(リージョンは日本で、東日本・西日本にデータセンターあり)
ライセンス1ユーザーあたりライトコース 780円/スタンダードコース 1,500円
※5ユーザーより
対応言語日本語、英語、中国語に対応
コミュニティkintone hivecybozu developerコミュニティ

【特長】

入力フォームを構築するイメージでパーツを配置すれば簡単にアプリケーションが構築できます。市民開発が求められる企業としては開発者の意欲次第でかなりシステム化が図れるサービスだと考えます。

トヨクモ社やリコー社といった企業から魅力的なプラグインが提供されており、使い方次第で費用を抑えることができたり、プログラミング言語を使わずに拡張機能を使うことができたりします。

トヨクモ社からはフォーム入力用プラグインや外部公開用プラグインが販売されています。

kintoneの評価は非常に高いと判断する一方で、「全社展開するにはユーザー数が多くなり費用が高くなってしまう」「標準機能ではワークフローが組みにくい」といった改善点も上がっています。

Webデータベースの強みは汎用性の高さや利用用途の広げやすさです。利用ユーザーが増えるとコストもかかるためユーザーを増やしにくいのだと考えられます!

また、データベースとしてデータ管理はできるものの条件が分岐するようなワークフローシステムまでは作りづらいようです。kintoneのプロセス管理機能は、データのフローのみを意識した作りになっており、ユーザービリティを考慮していないのだろうと想像できます。文言や承認者の設定は一手間かかりそうな印象です。

さらに、日本の商習慣で求められるExcelとの親和性についてもkintoneはcsvでのインポート/エクスポート機能はあるものの、Excel帳票への出力は標準で対応しておらず追加プラグインが必要となります。

コストが増える要素がいくつかあるようですね

しかし、ユーザー同士で交流して問題を解決できるコミュニティが用意されていることは非常に魅力的です。ベンダー企業の視点にはない運用方法や利用ユーザーとしてリアルな使い方などの情報を交換することができます!

できるできない、組みやすそう組みにくそうという感覚は個人の見解やITリテラシーにもよります。公開されているkintoneの基本マニュアルを参考にしてみてください!

楽楽販売(おすすめ度4.0)

楽楽販売は株式会社ラクスが開発・販売を行うサービスになり、販売管理を中心とした機能構成になっています。2023年現在では2,500社(2023/04/04)ほどの導入実績があります。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン不明(働くDBの後継サービス)
サービス体系クラウドサービス(リージョンは大阪にあり、ほか不明)
ライセンス初期費用150,000円+60,000円(10ユーザーかつ50DB)
対応言語日本語のみ対応
コミュニティなし

【特徴】

楽楽販売についてもkintone同様ドラッグ&ドロップの要領で入力フォームを構築するとそれだけでシステムが完成します。

最大の強みは、自動処理機能になります。

今では当たり前のようなツールですがRPAのように人の手を介さないデータ処理が可能となっています。

例としては、特定のステータス(ドロップボックス、チェックボックス)に変化すると自動的にメールを送ったり、特定の項目を書き換えたりできます。他にも特定のデータベースの処理が完了すれば他のデータベースの処理を走らせることも可能です。

データ管理以外に業務の自動化ができる点はかなり魅力的だと感じます。

また、拡張性も非常に高いと感じます。Excelへの入出力はもちろんのこと、PDFの出力も可能ですし、API開発による他システムとの連携も可能です。

気になる点としては、ドラッグ&ドロップで組み立ていくツールであるにも関わらず「構築がしづらい」といった意見が挙がっている点です。

実際、kintoneやUnitBaseに比べて直感的に操作しづらいという声をお客様から聞いたことがあります。ある程度データベースに理解のある人が触るツールなのかもしれません。

SmartDB(おすすめ度4.0)

SmartDBは、株式会社ドリームアーツ社が開発・販売を手がけるWebデータベースです。コンセプトとしては「大企業の業務デジタル化クラウド」ということで、大規模ユーザー向けのサービス展開をしている高級ツールになります。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン2010年5月12日 (当初は「ひびきSm@rt DB」という製品名)
サービス体系クラウドサービス(リージョン不明)
ライセンス500名までは月額50万円、1ユーザーあたり9,000円など複数の情報あり
対応言語日本語、英語、中国語
コミュニティHubFanMeeting、スマコミュ!

【特長】

SmartDBもドラッグ&ドロップの要領でデータベースを構築できるようです。特にワークフローも細かく業務に沿って構築できる点が魅力的です。

例として決裁を行うアプリケーションを構築するケースで考えていきましょう。

一般的なWebデータベースでは条件分岐はあるものの、1つの申請であらかじめ設定された1つの承認ルートを通ります。そのため、承認ルートを稟議途中で複数に分けることや途中で承認ルートを変更することはできません。

しかし、SmartDBでは1つの申請で同時に複数の承認ルートを(自分の上司の承認後→①営業部課長→営業部部長、②技術部課長→技術部部長と①と②同時に)回すことができます。もちろん、申請者がどこまで承認を取る必要があるかわからない場合でも、承認者がその後の決裁者を設定することができるのです。

データベースという使い方だけでなくワークフローシステムとしてもかなり融通が効く点は高級Webデータベースならではですね!

さらに、楽楽販売の特徴でもある自動処理機能についても実装されており、Webデータベースの中では群を抜いた機能性とも言えるでしょう。

気になる点としては価格になります。ターゲットが大企業のため、かなり勝負した価格帯になっており、なかなか手を出しづらい企業もあるのではないでしょうか。

Powerapps(おすすめ度3.0、開発力が高い企業では4.5)

PowerappsはMicrosoft社が提供するMicrosoft Dynamic365もしくはOffice365にて利用することができる開発ツールになります。

Office365を契約されている企業であればプランの範囲内で利用でき、手早くWebデータベースを扱いたい組織には有用だと感じます。また、スタンドアローンサービスでも利用が可能です。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン2016年11月〜
サービス体系クラウドサービス
ライセンスMicrosoft Dynamic 365もしくはOffice365を契約していれば無償
スタンドアローンの場合は760円/1ユーザー
対応言語日本語、英語、その他言語
コミュニティ公式のユーザーコミュニティはないが、有志でのグループあり

【特長】

Office365を全社利用しているユーザーにとっては最速かつコストを抑えて導入できるWebデータベースです。

技術力が高い会社であればちょっとした業務システムをPowerapps上で作ることができるでしょう。

また、データテーブルをPowerapps独自に持つこともできればExcelやSpredsheetなど外部リソースを利用することも可能です。

ユーザーにはPowerappsを使ってもらいながら、裏ではアプリケーションの用途にあった開発やプラグインを加えることができるのでサブシステムとしてサイロ化することを防ぐことができます。

サイロ化とは、システムとして「独立・孤立した状態(データ連携されていないなど)」のことを指します。

しかし、筆者自身が感じた懸念事項としては英語ベースでの開発であることと、1つ1つの機能が理解しづらく開発するためには開発者としてのリテラシーが他製品よりも求められることです。市民開発を進めたいと考える企業では現場開発者から嫌われやすいのではないかと感じました。

一方で、Office365を導入している企業は非常に多いという日本企業の実態があります。

Powerappsを開発できるスキルを身につけることができれば、現場での業務効率化だけでなく転職後や異動後にDX化を進めていく人材として重宝されることは間違いないでしょう。

Powerapps初心者向けの書籍も出ているようなので学習はしやすいかもしれませんね!

FileMaker(おすすめ度2.5)

FileMakerはクラリス社が開発・販売を行う外資系のWebデータベースになります。

Webデータベースとしては老舗と言っても過言ではないほど先見的なサービスを展開してきました。販売開始時はファイル形式のツールでしたが、現在ではサーバで処理を行うものからクラウドサービスまでサービス体系を広げています。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン1985年4月〜
サービス体系ファイル形式、サーバー型(オンプレミス)、クラウドサービス
ライセンスEssential:1ユーザー月額2,150円〜/Standard:1ユーザー月額4,400円〜
(詳細はこちら)
対応言語日本語、英語、その他言語
コミュニティClarisコミュニティ

【特長】

FileMakerの良さはネットワーク環境につながっていないローカルでも作業ができることです。ただし、このような状況になることが自体が限られているため、魅力を感じるのは一部の業務でしょう。

Lotus Notesのようにクラサバっぽく使えるイメージですかね。

FileMakerの基本的なインプット・アウトプットはGUIで行うかCSVの連携になります。一部のユーザーではCSVに出力した後、VBAを使ってExcel帳票を作る運用を行なっているようです。クラウドの場合はAPIが用意されているため、そちらを使った他システムとの連携やワークフロー処理ができます。

FileMakerの気になる点としては、システム全体としての設計思想が開発者寄りなため市民開発するには難易度が高い印象を受けます。

一部の医療関係ではFileMakerの利用が非常に多いと聞いているので、同業界でテンプレートを共有し合うことも可能ですし、簡単に業界にあったアプリケーションを利用することができるのは強みかもしれません。

UnitBase(おすすめ度3.0)

UnitBaseはジャストシステム社が開発・販売を手掛けるWebデータベースになります。

現在は1,500社ほどの導入実績を持っており、各サービスの中でも唯一のオンプレミスのみでライセンスを展開しています。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン2011年11月〜
サービス体系オンプレミスのみ
ライセンス同時ログインユーザー10/1,990,000円(別途保守費用あり)
対応言語日本語、英語
コミュニティなし

【特長】

UnitBaseは今では数少ないオンプレ環境でも利用できるWebデータベースになります。さらに、ライセンス自体はプログラムで提供されるため、AWSやAzureといったIaaS環境で運用することもできます

UnitBaseとしての最大の魅力は圧倒的なUIの良さです。日本語変換ソフトである「ATOK」やワープロソフト「一太郎」を開発していたこともあり、ユーザーへの馴染みやすさはWebデータベースの中でも秀でていると感じます。

また、データベース機能に加えてワークフロー機能やオプションの基幹システムとの連携機能もあり、これら全てノーコードで提供されています。市民開発を進めていきたい企業や特定の部門の中だけでIT化を進めていきたい企業なら良い線までいけるでしょう。

UnitBaseの気になる点としては、ノーコードであるため「APIを用意していない」「データベースに他システムがアクセスできない」といった制限があることです。

小難しいことがない分、開発思考は現場寄りですね!

大企業がWebデータベースとして全社的に利用するには拡張性が気になるかもしれません。

楽々Webデータベース(おすすめ度3.0)

楽々Webデータベースは、住友電工情報システム社は開発・販売を行うWebデータベースです。

「楽々Flamework」や全文検索ソリューション「QuickSolution」など、企業にとって必要なシステムを常に開発してきた住友電工情報システムにとって新しい製品となります。

【製品情報】

内容詳細
サービスイン2018年10月〜
サービス体系クラウドサービス、オンプレミス
ライセンス1,500円/1ユーザー、もしくは、1,800,000円/同時ログインユーザー10
言語日本語、英語
コミュニティなし

【特長】

楽々WebデータベースはWebデータベース界ではかなり後発の製品となります。しかし、上記でも記載したように住友電工情報システム社の誇る数多のソリューションから生まれた導入実績からクロスセルで中小企業を中心に導入が進んでいます。

機能については、一般的なワークフローや帳票出力機能、システム連携機能を持っています。

同社の狙いとしても、既に展開している楽々Flameworkと棲み分けを狙っているのではないかと考えます。楽々Flameworkの開発費用と楽々Webデータベースでの導入および市民開発を比較したときに、開発の難易度が高いものは楽々Flameworkで、難易度が低いものは内製化できる楽々Webデータベースで対応するという選択ができますね。

楽々Webデータベースの気になる点としては、まだまだ導入実績が少ない点と他社製品と比べて特徴が見えづらいことが挙げられます。

気になる方はこちらにマニュアルを載せていますので確認してみてください。

まとめ

これらのサービスは常にサービスをアップデートしています。

いつの間にかそのサービス向けのAPIが開発された、新しい機能がついたなんてことは頻繁にあります。本記事でもこれらのアップデート情報をしっかりと更新していきたいと思います。

また、2023年のWebデータベース市場シェア実態を確認したい方はこちらの記事から確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました